債券の利回り|FP2級Wiki

利付債の4つの利回りについて学習しましょう。複雑な式なのでなかなか暗記が難しいです。記号化して覚えるのもおすすめです。私は年利子は「利」、額面は「額」、期間は「期」とか短くしていました。

1.利付債の利回り計算

発行から償還まで保有する応募者利回り、途中購入から償還までの最終利回り、途中で売却する場合の所有期間利回り、1年間の利子のみを計算する直接利回り。この4つの計算法を紹介します。

1.応募者利回り

新規発行された債券(新発債)を購入し、償還期限まで所有した場合の利回り。最初から最後まで持っていた場合の基本形ですね。表示がクーポンとなっていますが、クーポンとは利子の事です(ここでは年利子)。

クーポンとは利子の事です。

2.最終利回り

すでに発行された債券(既発債)を時価で購入し、償還期限まで所有した場合の利回り。

3.所有期間利回り

債券を償還期限まで所有せず、途中売却した場合の利回り。

4.直接利回り

投資金額に対して1年間に得られる利子の割合を表した利回り(売却損益、償還差損益を考慮しない)。

2.イールドカーブ

イールドとは利回りの事。
債券の残存年数と利回りの関係を表す曲線の事を言う。
この曲線の表はひとつの債券の動きを示すわけではなく、同等の債券で残存年数が異なる複数の債券を1本の曲線で描いたものである。
全体の利回り水準や、短期債と長期債との利回りの関係などを読み取ることができる。

短期の債券よりも長期の債券の利回りが高い場合はイールドカーブは順イールド(右上がり)となり、
短期の債券よりも長期の債券の利回りが低いと逆イールド(右下がり)の状態になる。

カーブだと言うのに曲線に描けずすみません(*´Д`)

外部リンク:財務省,スタディング FP講座

それでは過去問を解いてみましょう。2019年1月試験 学科 問24

表面利率が0.5%、残存期間が3年の固定利付債券を額面100円当たり102円で購入し、償還された場合の最終利回りとして、正しいものはどれか。なお、手数料、経過利子、税金等は考慮しないものとし、解答は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入するものとする。また、「▲」はマイナスを意味するものとする。

  1. ▲1.47%
  2. ▲0.65%
  3. ▲0.16%
  4.  0.49%

.

.

.

解答

テキストの最終利回りの式に当てはめて計算してみましょう。
式は、(年利子+((額面-買付価格)÷残存期間))÷買付価格×100です。
1行で表すとめちゃむず!バラシて説きます。

年利0.5+(額面100-買付102)÷期間3=▲0.16
▲0.16÷102×100=▲0.1568
よって▲0.16%です!